e0211293_11250517.jpeg


e0211293_11250572.jpeg


今日はカナデイアンカヌーで阿武隈川の本宮~二本松間14キロを川下りしてきました。もちろん天気は雪です。雪景色が美しい・・・と思ったのも車の中からだけで、スタートから5キロは吹雪で前が良く見えない状態で大変でしたが、昔カヤックで一度下った区間でカナデイアンにかえるととても新鮮な幹事でした。

阿武隈川全線にわたって思えることですが、今年の冬は昨年に比べとても水位が低いです。岩がたくさん露出していてそれを4mを越す艇を振り回してよけながら下るのは容易でないです。

写真のほうは、水墨画のような景色と、通常水面下にあると思われる石が露出しているものですが、不思議と露出した岩は縦長なものが多いことにびっくりしました。墓石のようですが、なんで水面下で流れたりしている岩が縦になっているのか大変不思議ですね。


[PR]

e0211293_11250666.jpeg


会社で午前中の3時間にわたり、普通救命講習が行われました。

昨年はカヌー仲間とMFAを受講しました。MFAは(medic first aid)救急医療の先進国、アメリカで25年以上も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の医学的、そして教育学的情報を盛り込んでアップデートを続けているのです。

でも権威有るMFAでもAEDに関しては範囲外だったので、今日初めてAEDの教育を受けて、機械に触れることが出来ました。取り扱いは簡単だったので、講習中は難なく取り扱いができました。

でもこういった講習で、まず意識の有無確認後、近くにいる人に119番とAEDを頼みますが、AEDは福島市において市立小中学校他市など自治体の関連施設にはほとんどおいているそうですが、あんまり無いですよね。

いざ実際、、、現実に起きたときの事を考えると、電波が届かなかったら、、、周囲に人がいなかったら、、、たくさんありますね。どこまで講習とちがうイレギュラーがあるのだろうと思ってしまいます。

でも普段川で遊ぶという日常より多くのリスクを背負った遊びをする以上、こういった講習は有効でした。(仕事でしたが)

今度はレスキュー3にチャレンジしたいですね。


[PR]

e0211293_11150298.jpeg


今日は冬季限定カヌー仲間(フユバBros.)とのダウンリバーなどの約束やお誘いもなく、家族と過ごす予定でしたが、兄にO瀬川の河川清掃のお誘いがあるとのこと。

以前、カヌー体験会を開催しましたが漕ぐには川幅、流れ、深さなど十分ではなく、カヌーには適しない川ではありましたが、ただゴミ拾いするよりカヌーでゴミ拾いをしても良いとの許可(というか一丁盛り上げてくれぃといったノリだと思う)を得て参加決定。

もちろんカヌーはカナデイアンをチョイス!(格好好いこと言ってますが、他にはカヤックとダッキーだけです)ゴミ拾いにどれだけカナデイアンカヌーが役立つか知っていますか?

普通の河川清掃には車両が入れるところの河川敷を中心にゴミ拾いし、場所を指定するなどしてゴミ袋を集積。そこから建設業者などのトラックにて収集します。

しかしカナデイアンカヌーの場合、人の入りにくい場所(中洲、障害物等)への人の輸送、ゴミの小運搬、また大きなゴミの輸送も可能です。

今回は10名程度の参加する小規模で、川自体も川幅10m程度で清掃範囲としては、スタート地点から上流は徐々に水深が深くなり胴長では厳しいところ、また岸からのアクセスは急勾配の護岸ブロックで無理。みなさんは下流側の水深10~30cm程度のところでゴミ袋を持って拾いにいっております。

私と兄は陸からのアクセスが難しい上流へ行きました。数箇所の浅いところもありますが、「波の谷間に~」と兄弟舟を歌いつつ、50~60mトロ場をこぎ上がると橋梁があり、川の中央に一本橋脚があります。また橋脚の周りには河床一面にブロックによる護床ブロック(小さなテトラ)が敷き詰められています。そのブロックの穴、隙間にはビニールゴミ、肥料袋、空き缶、流木が引っかかっており、ゴミの温床でさらに川の流れを阻害しています。それを兄弟で手術するかのように摘出していきます。摘出すると川が喜んで流れていきます。

さらに当日の大物賞はたぶん私で、当日二台の自転車が摘出されましたが、子供用一台の他、私は大人用自転車を摘出しました。

当日は風はすこし強いものの気温も5度程度まで上がったので、作業中は寒さを感じさせませんでした。でも周りが胴長スタイルの中、一人ヘルメット、ウェット、PFDとかなり浮いた存在でした。

ふっと帰り道に【フユバBros,】って本当の兄弟でやること無いよな~と思いました。メンバー諸君本当のメンバーでダンリバ行こうゼ。


[PR]

e0211293_11150206.jpeg


e0211293_11150359.jpeg


今日は仕事で夏井川のほとりに行ってきました。昨年の夏に小川町~海直前までの区間25kmを増水したチャンス?に行ってきたのを思い出しました。

あのときを思い出すといわきのカヌーをしている仲間たちと楽しく下ったのですが、途中から過酷なロングツーリングとなり、気合の漕ぎをした充実を思い出します。

こちらの写真のように夏井川のサイクリングロード(堤防)は樹皮舗装のようなものでひとにやさしく舗装され、サイクリングロードの全体図が掲示しており、川でのくつろぎをより推進しているように感じました。

前から思っていましたが、夏井川っていうネーミングって格好いいですよね(^_^)


[PR]

13日に駅前で買い物していたら、着物姿の女性がたくさん。

その中で紋付はかまの女性と、着物姿の女性が向かいから歩いてきたと思ってみていると、よーく見ると紋付はかまの女性と思っていた人は男性に見えてきました。しかしながら化粧もしていたので、なんとも言えず奥さんに「おれって男だよね」といったら「オカマじゃない?」といわれ、この辺の判断はきっと男性より女性のほうが当っているのだろうと思いました。

これって「紋付おかま」っていうこの時期限定の人かも・・・と思ってしまいオヤジギャグに家族は呆れるのでした。(写真撮ればよかった、、、)


[PR]