e0211293_11450427.jpeg


宮城県で名門のカヌークラブ青葉A1の例会に参加してきました。今回の遠征は岩手の豊沢川を予定していました。しかし週末には福島、宮城で大雨警報まで出ていたにもかかわらず、岩手ではあまり降らず水量不足だったようで、和賀川となりました。

参考まで豊沢川は0.2mでしたが、ベストは0.4~0.5だとか。昨年はベストだったようです、、、和賀川は今回ベストだったとして、新町;-0.25m、昨年はただ流れていった記憶でしたが大雨直後の大増水で+0.45m。

e0211293_11450537.jpeg


今回は青葉A1の例会ながら、秋田の方、岩手の水沢CCの方、宮城の仙台CCの方、福島から私含め11名が参戦しており、良い交流会になりました。福島勢力が少ないので今後広めていく必要がありますね。

e0211293_11450539.jpeg


和賀川(砂湯っこまで約8km)は昨年大増水の中下った際は面白さを見つけることも出来ず、また増水の怖さを具体的に知ることが出来た、、、という印象のあまり良くない川でした。しかし今回は透明度は高く、瀬のスリルや数は少ないまでも最高の天気で景色もとても良かったです。

[[attached(画3,center)]]
終了後は遅めの昼食をした後、地元パドラーたちの計らいで、和賀川と北上川の合流点付近の北上展勝地さくらまつりを見に行きました。ここでは渡し舟がでており河川敷にある桜並木を船から見たりと楽しそうです。福島ではもう桜も散っていきましたが岩手では最高潮の満開となっているようです。

e0211293_11450617.jpeg


このような観光までする川下りは初めてでしたのでちょいと帰りは遅くなりましたが、かなり充実した川下りだったと思います。

[PR]

4月16日に急にスイッチがはいり、その日のAM10時半以来タバコを吸っておりません。

タバコの歴史としては、少し遅い24歳からで14年くらい吸ってきたのでしょうか?だいたい一日1箱程度のペースでした。

でも急に吸わなくなってもあまり禁断症状は出ません。

僕は禁煙できたのでしょうか?


[PR]
今回ちょいとしたご縁で、那珂川ツーリングに出かけました。メンバーの皆さんは土曜にDRしてキャンプ、翌日またDRという自分ではあまり経験のないキャンプツーリングってやつ?

メンバーの皆さんは、東京近郊の方が多く、「なぜこんなところまで?」と聞くと逆に「なんで福島からこんな遠くまで」と聞かれます。それほど福島からとは差は無いようです。

土曜日は5名でDRしたようでした。宮原キャンプ場から大瀬の15キロ区間。ゴール後ひとっ風呂浴びた後に合流。宮原キャンプ場にはたくさんのアウトドアマンが居て、カヌーを積載した車も多く居るので間違って関係ない人にも声を掛けてしまいました。

夜は高級牛肉、焼きそばなどで盛り上がります。またリーダー格の人とも阿武隈川で一緒に漕ごうという話で盛り上がりました。この方々のメンバーには福島県在住の方が3~4名いて、その方を中心にこのグループで、昨年行われたカヌーの駅伝に出場され、3位という好成績を収めたようです。

そんななか阿武隈川の花の4区をいつか下りたいとみんなが思ったようなのです。私も嬉しくて「目をつむっても下れる瀬”」と豪語した、、、ような気がします。こんな綺麗な那珂川がメインフィールドなのに、水質の悪い阿武隈川に興味を抱いてくれるので来た暁には大歓迎してあげたくなります。一方福島在住のかたは、阿武隈川沿いに住んでいるのですが、カヌーは出来ないという先入観があったようです???

ほとんどの人が車中泊で、朝起きると結構寒い。日曜日は10艇以上の大船団が出来るといっていたのに、寒さでキャンプのみで終了の方も結構いたようです。結局5人のメンバーで前日同様のコース(宮原~大瀬)を下ります。

桜もそこそこ見受けられます。
e0211293_11450788.jpeg



私はカナデイアンをチョイスしていましたが、川の流れとしてはカナデイアンで間違っていませんでしたが、所々風がつよく吹き方向が定まりません。トロ場でカナデイアンは二人漕ぎだなぁと痛感しました。

終了後その場で解散となりました。私は大田原で大学時代の友人が結婚前に顔合わせで集合とという話があったので、体もくさい中風呂もあびずに大田原へ移動し一日フルに遊ぶ事ができました。

[PR]
家族で遊園地の一日でした。なんというか、こんなにジェットコースターに乗ったことは初めてのことでした。今回は翌日栃木県の那珂川をダウンリバーするという計画のなか、土曜日だけは子供と戯れたく那須ハイランドパークに行ってみました。今回カナデイアンカヌーを積んだ怪しい車で、高速をとばして行きました。そんな中とても風が強くカナデイアンカヌーも少しきしんでいます。今朝見たニュースでは、トラックのタイヤが外れて、バスに当り死亡のニュースが頭をよぎり、・・・もしルーフバーごと外れて高速道路でカヌーが飛んできたなんてニュースが流れたら、全国のカヤッカーから指名手配物です。早速補強にとりかかり安心して進みます。
e0211293_11450739.jpeg



昨年家内と子供は夏休み期間に子供会のイベントで行ったらしいのですが、うだる暑さと激込みで人気のアトラクションは長蛇の列だったようですが、今回は駐車場もみるからにがらがら。

見たところ長女はイケイケ、次女はヘタレでした。長女は昨年身長制限で入れなかったジェットコースターにご満悦。次女はメリーゴーランド以外は恐怖に顔がこわばります。
e0211293_11450860.jpeg



最後に行ったのが、人工的に作られたラフト体験のようなところ。大容量ポンプがフル稼働して激流を作っています。普段大自然の中でいそしむ人間として、こんなの邪道だという第一印象がありましたが、家族同伴ならすぐ妥協し乗り込みます。

自分にとってはスリルはたいしたことありませんが、人工ホールはとてもすばらしく、フリースタイルカヤッカーがカヤック持っていたら楽しむ事が出来そう。これは夜間ナイターで有料でも商売が成り立つのでは?とはいえカヌー人口も少ないしだめかな?


[PR]
# by fck_mototyan | 2008-04-14 14:10 | famiry | Comments(0)
前回の漕行は摺上川で自分の中でもトップ2に入る激しい川と雰囲気で、余韻が1週間ほど残りましたので、、、という訳ではありませんが、今回は親しい友人たちと、またその奥様、親戚という初心者、初級者を交えた関係上ゆったりカナデイアンで阿武隈川に行きました。

e0211293_11350294.jpeg



まずその初心者、初級者の方々へレクチャー講師役を仰せつかり、自分でも意気込んでパワーポイント形式でテキストを作成。自分が阿武隈川泳ぎ、カヌー実践、講義で培った少しの知識を全て出し切る(とまでは行きませんね・・・)勢いでお話をさせていただきました。(反省点はアウトドアではパソコン画面が見にくい、喋りが早すぎ)川で危険なめにあうシチュエーション、漕ぎ方、最低限の装備、危険な目にあったときの対応などをたどたどしいながらも伝えました。

区間は昭和大橋~梁川大橋で、その区間の河川敷等ではラジコン飛行機、キャンプなどいろいろアウトドアを楽しんでいた様子。今回はsolaさんが本当のsola(わんこ)を連れてきてカヌー犬誕生の瞬間に立ち会えました。犬嫌いの私も一緒に遊べるいいやつでした。

e0211293_11350345.jpeg



今日は購入したフルドライを初めて使用してみました。最初はインナーになにを着ようか悩みましたが、普通に着てきたものの上に着用。周りの人に、パンツとシャツの上に着ないとくそ暑くなるという声もありましたが、最後まで快適そのもの。終了後フルドライを脱いでも服は濡れていません。最高の買い物でした。いままではウェットだったのでゴールと同時に特に足は不快指数高めでした。

ゴールの後はお食事、温泉を桑折町ですませ解散しました。

[PR]