自分としては初となるレースに参戦してきました。にじますカップは日本一の草レースで知られ、場所は長野県安曇野市、前川にて行われました。この大会は基本的にスラローム大会ですが、たくさんのカテゴリーにわけ、本格的スラローマーはもちろん、子供、初心者、ポリ艇などのスラローム以外でカヌーをたしなんだ人が誰でも出場できる大会です。出場者は160組(タンデム含む)で、私はN1(ポリ艇全般、クローズドデッキのC、プレイボート、スクウォード艇等で参加して且つ、過去スラローム競技の草レース等で上位入賞(6位以上)経験が無い人)というカテゴリーでエントリーしました。

この大会は土曜に設定されております。これはぜひとも次の日は安曇野市を満喫してほしいというのも目的にあります。この日は珍しく土曜日の休みでした。距離的に800キロくらいのイメージをしていましたが、たったの450キロ。これは余裕と判断して家族でぞろぞろ行く事にしました。

最近カヌー行事の前夜は遠足前の児童と同様、アドレナリンでまくりで寝れません。そんな中今週はやたら泊まりでお酒を飲む仕事が多発し、木曜日は東京でお酒を飲んで新幹線で深夜帰宅という有様、、、そんでもって寝付けぬ夜をすごし、翌日仕事を終わらせてからの準備をして出発。
e0211293_09551934.jpg



今回は大会はポリ艇で出ますが、翌日は川の様子次第で、家族と一緒にダウンリバーしたくて、カナデイアンも積み込みました。巨大な化け物のような積荷ですが、これがまた風が吹くとハンドルが取られる恐怖(怖いのでフロントでも補強をしています。)のほか、やたら燃費が悪いです。環境にはあまりよくなかったようです。出発は予定通り19時に出来て、高速道路へ乗り入れます。最初の100キロはETCの通勤割引を使用します。さらに到着の豊科ICへは0時以降の到着を企て深夜割引を活用。しめて5000円くらいのコストダウンができました。

高速を下りて会場付近の龍門淵公園へ行きます。ここではたくさんの出場者がテントを張っています。暗闇でどこがなんだかわかりませんでしたが、午前1時前でしたがドサクサに紛れ駐車してテントを張りました。ここではテントに妻&娘2名が入り、私は車中泊です。

More
[PR]
今日は仕事で阿武隈川源流の西郷村付近へ仕事で行ってきました。朝は熱塩加納村付近にいて、そこから移動しちょうど到着がお昼だったのでどこでお昼ご飯をたべようか物色していると、いかにもおいしそうな蕎麦や【追原庵】へ入る。ここのメニューは盛り蕎麦、ざるそば、とろろ蕎麦しかない。

e0211293_09551750.jpg



More
[PR]
日曜日は家族と阿武急さんで主催するフリーウォーキングです。阿武急さんは私にとってお仕事のお付き合いと、また自分のホームコースの阿武隈川沿いを路線とする第三セクターの鉄道です。

カヌーにしても一人で行って電車回送が出来るので重宝しています。

More
[PR]
# by fck_mototyan | 2008-06-06 18:58 | famiry | Comments(0)
昨年秋以来の会津大川です。昨年行ったときに知り合ったいわきカヌークラブの皆さんのDRにまぜてもらいました。本当は再来週のにじますカップを目指して、阿武隈川は島山コースで地味に練習というかまともなゲートを一度くぐってみたかったのですが・・・

メンバーはMサイさん、Yマグチさん、Mウラさん、Mトキさん、kヤマさん、ワタクシの6人。このいわきカヌークラブとは、基本的に規約などを定めて活動を展開しているクラブとちがい、メーリングリストで「行くよ~」「RE;参加しまーす」といった気軽なグループで、なんとリストは80名を越えます。基本的にはカテゴリー的にはフリースタイル系の皆様です。
e0211293_09551518.jpg



More
[PR]
今日はちょいと遠目の遠征で、東北でも有数の清流といわれる成瀬川。この辺は標識にも「釣りキチ三平」などの絵があるのできっとこの作者の実家がここいらへんなのでしょう。

前からちょくちょく聞くぴかぴかの清流成瀬川ですが、今回この時期としては異常な渇水。山肌の雪はほとんど融けているようです。さらにこの時期田植えなのもあり、灌漑用水として成瀬川の水は東成瀬村のたんぼに流れてから川にかえるといった感じです。ちなみに-0.45でした。

ここは数年後ダム建設で堤体が出来るところをスタートとした特上コース、少し下に上コース、村を越えたあたりからスタートする下流コースがあります。いままで噂に聞いたのは特上、上コースでしたが、今日は水が少ない理由で下流コース。
e0211293_09551475.jpg



More
[PR]